スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム&ジェリーカードゲーム

トム&ジェリーカードゲーム

商業作品
メーカー:パペルクリエイション  作者:不明
プレイ時間:15~30分くらい  プレイ人数:不明  対象年齢:不明
tomj01.jpg

見てのとおりトムとジェリーのキャラクターもののカードゲームです。
パペルクリエイションというメーカーは一時期キャラもののゲームを沢山出していたメーカーで、このゲームもその中の1つのようです。ルールを見るに1992年製なのかな。ゲームマーケットで100円にて投売りされていたのをGET!

お世辞にも面白いとは思えない雰囲気のゲームですが、買ったからにはプレイ供養してやらねばなるまい!という事でやってみました。
で、いきなりプレイ結果から書いてしまいますと、めっちゃくちゃ盛り上がってしまいましたw
おかわり宣言まで飛び出しまさかのもう1戦が成立、1プレイ単価50円まで値下がりしたぜ!コストパフォーマンス高し!
いやーたまーにこういう快作(怪作)が見つかるから国産ゲーム地雷原ダッシュはやめられねぇっすw

では、詳しくは続きからー。
ではどんなゲームかといいますと、簡単に言うと「大富豪(大貧民)」系のカードゲームになります。
大富豪系のカードゲームは沢山あるので「なあんだ、ツマンネ」と思う人も多いと思いますが、このゲームはなかなか面白い工夫がされています。

カード構成は
 ・トムカード(2~9) 各ランク5枚ずつで40枚
 ・ジェリーカード(2~9) 各ランク5枚ずつで40枚
tomj02.jpg

 ・トム&ジェリーカード(1~10) 各ランク2枚ずつで20枚
tomj03.jpg

 ・ベストフレンズカード 10枚
tomj04.jpg

 計110枚

となっています。「トム」「ジェリー」「トム&ジェリー」はトランプでいうスート(ハートとかスペードとか)にあたります。

この110枚をシャッフルして各プレイヤーに普通にカードを配りきります。このカードを早く無くしたプレイヤーの勝利となります。
しかしこの配られたカードは直接プレイヤーの手札になるのではなく各プレイヤー専用の山札となります。プレイヤーはそこから8枚ドローして手札とします。
tomj06.jpg

イイネ!ポイントその1 
  この二段構えの手法がモダンな感じで
普通の大富豪よりカッコイイ!





プレイルールは大体大富豪と同じ、以上!って感じなんですが、特殊なのは「トム」を出したら次の人は「ジェリー」縛り、「ジェリー」出したら次は「トム」縛り、という交互に出さなければならないルールなところ。
tomj07.jpg

「トム&ジェリー」はどちらとしても使うこともできます。しかも「トム&ジェリー」には特殊能力があり、出すと画像のように数字の強さが逆転します!革命起こりまくりwwwww

めまぐるしく変わるランク逆転の為、こんなカードがついてます。裏返すとランクの強さが逆の表示。
tomj05.jpg


また、スタートプレイヤーが複数出しすると後発プレイヤーに枚数縛りがつきます。複数出しは同数字の組み合わせ(4.4.4.4とか)のみで、シークエンス(1.2.3みたいな順番出し)は無しです。

この複数枚出しが曲者で、枚数縛りの上、スートの組み合わせの縛りもついてきます。

 ・1種類ならば通常と同じく交互縛り
tomj08.jpg

 ・2種類以上ならば同じ構成縛り
tomj09.jpg


しかもこのゲーム、先のカード構成を見てわかるように同じ数字が12枚もあります!
トランプなら最高4カードなところ、このゲームは5枚も6枚も出てきますw

イイネ!ポイントその2
 「トム!トム!トム!
ジェリー!ジェリー!トム&ジェリー!の2!
革命により2が最強な!(ドヤ顔)」

tomj11.jpg

しかも減った手札は自分の山札からすぐ8枚まで補充できるので、複数枚出しを連発するずっと俺のターン状態がよく起こります。しかしその状態を打開する方法があるのです。

1つは「ベストフレンドカード」で、スタートプレイヤーと同じ枚数出せれば直ちにそのラウンドは終了となり、スタートが出したプレイヤーに移ります。
tomj10.jpg


もう1つが、「出せないor出さないでパスした場合、手札からカードを1枚山札の一番下に送り、新たに1枚山札の上から引く」というルールの存在です。

このルールが素晴らしい!あえてパスをして手札に多いカードを山札の底に送り続けることで終盤の手札を整えることができるのです!このルールは「ビール公爵」の山札構築にそっくりです。20年以上前に今流行のデッキ構築を髣髴とさせるルールを採用しているとは!

イイネ!ポイントその3
 早すぎたデッキ構築系カードゲーム!


このルールがあるため、序盤~中盤に調子の良いプレイヤーはほぼ失速し、我慢してしゃがんだプレイヤーが不死鳥のごとく復活するというドラマティックな展開が頻繁に起こります。そのやりすぎなくらいのメリハリがたまらんですw

 「トムトムトムジェリートム&ジェリー4!」
 「うぜぇwwwwww無理に決まってんだろwwwwパス!」
 「よっしゃ5枚ドロー!再びジェリージェリートム&ジェリー6!」
 「死ねよwwwwwwww」
 「そこで颯爽とベストフレンズ3枚!3枚ドロー!そしてトムトムトムトムジェリー8!」
 「オワタ\(^o^)/」


って感じでショットガンの打ち合いのような不毛な戦いが繰り返されるバカゲーなのに、現代のバリバリ最先端なシステムに繋がる萌芽のような要素もあったりして、とりあえずなんでもやってみるもんだなあと思いますね。

あとこのゲーム、何故かプレイ可能人数が書いてないんですよねw2人と3人でやってみましたが大体接戦になって面白かったです。7-8人でもできると思いますがそれだと普通の大富豪になってしまう気がします。デッキ構築部分を楽しむなら4人くらいがベストじゃないかなあと予想。

ベストフレンズカードはかなり強いので、プレイヤー山札という特徴を生かしてゲーム最初にプレイヤーに均等に配ってしまい、山札を配りきってから混ぜるとバランスが良いと思います。また、ゲーム開始前に山札の中身を軽く見て多い数字をなんとなく把握してからスタートする、というバリアントでやってみましたがこれも面白かったです。




このゲーム自体は絶版かと思いますが、ネットで探せば結構買えそうです。探してまで買う価値があるかといわれれば微妙っすけどもw
ここ★なんかは50円切ってるみたいなんで、何かのついでになら買ってみてもいいかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、今度遊んでみよう
僕も国産地雷臭プンプンゲーム、けっこう持ってますよ

チキチキマシン猛レース(uno+レースゲーム)とか、ニョロニョロカードゲームとか、konamiのなんかスキーのや~つとかお化け屋敷のや~つとか

こんどお付き合いくださいw

Re:流星キック1998さん

是非遊んでみてください。というか一緒に遊びましょうw

地雷ゲー大好きなのでどんどんプレイしてどんどん供養していきませう!

No title

この記事を見て興味を持ち買ってしまい、昨日初めて1度だけテストプレイをしました。

昔の国産ゲームなので仕方がないのですが、付属のルールには「トム&ジェリーカード」がトムカード、ジェリーカードの代用になるってどこにも書いていないんですよね。でもそう考えるのが自然ですよね。

Tをトム、Jをジェリー、Bをトム&ジェリーとします(B=bothの略です)。

例えばTTJと出されたら、次のプレイヤーはTTBとかTJBとか出せるのでしょうか? またBが1枚で出されたときは次はTでもJでも良いと書かれていますが、複数枚の時はそれまでの流れの通りに出すのでしょうか?

どのようなルールで遊んでいますか? もし「こういう風なルールが分かりやすくて面白い」っていうのがあれば教えて頂きたく思います。

Re:けがわさんへ

こんにちわー。はじめまして!コメントありがとうございますー。
自分でもたまにしかブログ見ないもので、返信が遅くなってしまい申し訳ございません(汗)

トム&ジェリーカードに関しては確かにルールで厳密に書かれているところがなく、かなり自分なりに解釈していますねー。

1枚出しの場合は<ランキングの逆転>の部分にどちらのカードとしても使えるようなプレイ例が乗っているのでそのように解釈しています。

2枚以上の場合は「2種類以上のカードなら、次の人は 同じ組み合わせ でランクが上のカードを出す」と書かれているので、スタートが例えばTTBならその後もTTBの組み合わせのみ、と解釈してプレイしています。
ただ、これだと複数スタートの場合は被せて出すのがかなり大変なのでTTB→TTJ→TBJなどと出せるようにするのは良いかもしれませんねー。
私的にはひたすら1人が無双状態になるのも好きなので出せなくても面白かったですが、今度B万能解釈でもやってみます!

ゲームマーケット

はじめまして、こんばんは。

ゲームマーケット2012秋、行ってきたら売ってましたよ!100円投げ売りトムとジェリーカードゲーム。

子供がDVDで見て好きになったので、100円やしちょうどいいかと買ってみました。

帰ってきて何気なく検索して、ここにたどり着いたら思わぬ掘り出し物みたいでラッキーでした。

ここを参考にさせていただいて、また遊んでみようかと思います。

Re: ゲームマーケット

まえださんはじめまして。こんばんはー。コメントありがとうございます。
GMでまた売ってたみたいですねー。私も人から聞きましたw

ゲームの完成度としてだけを見ると今のゲームと比べて微妙かもしれませんが、この時期のゲームとしてはかなり遊べるほうだと思います。
少なくとも100円分の価値はあります!w
カウンター
プロフィール

おすげP子

Author:おすげP子
------------------
ボードゲーム大好きっ子。
正体不明・・・のつもり。
探さないでください・・・

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。